目的

  1. 県士会員の住宅改修および福祉用具に関する知識向上・研鑽に向けた活動
  2. 住宅改修・福祉用具に関する事業の窓口と対応
  3. 県士会員へ向けて住宅改修および福祉用具に関する情報の発信

あいさつ

 当委員会は2018年度より委員を新たに構成し、再始動しました。上記の目的を達成するべく、時代の変化に対応した研修活動、事例検討会、福祉用具・自助具コンテストの企画・運営などを事業計画に掲げ、住宅改修や福祉用具に関する知識・技術に強い作業療法士の育成を推進して参ります。また、住宅改修や福祉用具に関する疑問や相談を受ける窓口としての役割を担えるよう体制を整備していきます。生活を支援する専門家として、当委員会は住宅改修と福祉用具に関する知識と技術を適切に扱えることを目指し、活動を展開して参りたいと思います。

住宅改修と作業療法士の役割

 人の衣食住の1つでもある住居の改修は生活を支援するために行われます。作業療法士は、本人や家族が持つ住居に対する価値観を踏まえて、身体の状況に適した改修・工夫案を提案します。

福祉用具と作業療法士の役割

 福祉用具は、ある活動をやり遂げるのに必要な能力を補う道具のことです。作業療法士は、本人の状況に合わせた福祉用具の選定と使い方の提案、さらに自助具の開発と指導をします。

作業療法士は住宅改修・福祉用具を用いて衣食住を支援

委員会資料

委員会詳細

自助具コンテスト

  • コンテストポスター
  • 応募要項
  • 応募用紙
  • 2018年度作品集

お問い合わせ先

E-mail:jyuufuku●tochi-ot.com (●を@へ変更して下さい)